折尾駅が大変なことに ...

 以前 webry の blog で誰かが(福岡県の)折尾駅の
駅舎の工事のことを書いていたので、実際に駅に
行って、自分の目で工事の様子を確認しました。
予想外に『大規模な工事』になっていることに驚きました。

 駅舎を新築するだけではなく、筑豊線を高架の上に
移動させる工事もしていました。
 その影響で、6、7番線に行く通路が廃止され、
そこだけ(筑豊線と鹿児島本線の接続線にある
折尾駅だけ)を、分離した駅にしていました。
 一旦改札を出て、6、7番線用の改札から入るので、
朝の混雑時は、利用者は大変でしょうね。

 ちなみに、英語圏から来た大多数の旅行者は、
『折尾』を『オライオ』と発音します。日本人もよく
知っている冬の星座の『オリオン』を、英語では
『オライオン』と発音するのと同様の癖です。
 もしも、(博多駅などで)そういう旅行者から、
  この列車で『オライオ』に行けますか?
と質問された場合は、
  『オライオ』という名前の駅はありません。
ではなく、
  Yes, you can.
や、
  Yes, you can get to おりお by this train.
と答えてください。()


画像
















図1 折尾駅の platform

画像
















図2 東口(1、2、3、4、5番線)

画像
















図3 折尾駅鷹見口(6、7番線)

画像





















図4 鷹見口の場所を示す掲示

画像
















図5 工事後の折尾駅(予定図)

画像
















図6 現在の折尾駅との対比

画像
























図7 感謝の言葉

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

NORINKO
2016年04月06日 01:22
お邪魔します

近年、小さい駅が改装されてますね


( ̄ー ̄)



私の近くの小さい駅も左右出口ができるみたい


(゜∇゜)


理由は将来20年先の居住地の開発のためデベロッパーが鉄道会社に助成しているようですよ

(・_・;)

この記事へのトラックバック